結婚は互いの愛の約束です

結婚について何と言いますか聖書

「どんなって..まあ、できれば自分のことをわかってほしいから、自分の趣味とかいろいろと「それでいいんです。
女性の皆さんは、好き勝手に話したいことを話してみてください。
実は、そこが一番のポイントなんですよ」
ただ好きなように話せばいいってどういうことなの?
私と同じように、みんなその意味がわからずにいる。
いや、一人だけこの意味がわかった人がいるみたいだ。
それが、私の隣にいる篠川さんだ。
羽賀先生、私わかります。
婚活の最大のポイントなのです人生は

夫婦の関係が深まるにつれて

私の元夫は私の話を聴いてくれなかった人だったから..そのくせ自分の思いや考えは私に押し付けて最初の頃は、それでもよかった。
でも、だんだんそれが嫌になって..だからあ、なるほど。
そういうことか。
羽賀さん、私もわかりました思わず声を上げてしまった。
私は宝くじに当たるようなもの?
「では、どんなことがわかったかぜひ、皆さんに紹介してください」
羽賀さんから指名されて私は、自分がひらめいたことを口にした。
「これって相手の男性が
こちらの話をきちんと聴いてくれる人なのか。
そこを見極めようってことですよね。

 

夫婦は解決策を提供することが自分の責任ではなく

自分のことばかり話す人だと篠川さんの別れた旦那さんと同じように自分の価値観ばかりを押し付けてくるちゃんと話を聴いてくれる人だったら、お互いの価値観の話ができる。
そういうことですよね?
「はい、そのとおりです」
「でも···」
篠川さんが、下を向いて、「どうしたの?」
ぼそりとつぶやく。
私は、篠川さんの次の言葉が気になってしまう。
でも、そんな男性って都合よくいるかしら..男の人って基本的に話を聴かないって言われてるし」
「今、言われた通り男性って基本的に話を聴かないんですよね」
羽賀さんはそう言い放つ。
結婚は互いの愛の約束です
歩くと話すことができ夫婦は結婚に亀裂が生じました

夫婦関係や夫と妻の関係がはるかに調和的になります

そう言われてしまうと、元も子もない。
「じゃあそんな男性を見つけるって宝くじに当たるようなものなんですか?
私は思わずそう質問するだが、羽賀さんはにこりとしてこう答えた。
「大丈夫。
実は、こういう仕事をしている私も以前は人の話を聴かない.自己中心的な人間でしたよ」
えぇっ、という声が聞こえる。
私も信じられない。
ここまで、人の話しを聴いてくれる羽賀さんからまさかの自己中心的な人間発言!
「けれど、色々な出会いがあって、コーチングを勉強して、話を聴くことの大切さを知って今では、それを教える側の人間になっちゃってますから。

結婚をするように働かせることを許して

つまり、相手の男性も必要なことは、意識はしているってことです」
「ってことはそんじょそこらの男性よりも理想に近い人たちが集まるってことでいいのかしら?
そんな声があがった。
そこでみんなに笑いが。
「ははは、まあどんな男性が集まるかは当日のお楽しみ。
期待しておいてくださいね」
そう言われると、ちょっと期待してしまう。
今度こそは、私にピッタリの男性を見つけなきゃ。
盛り上がったまま、婚活ランチセミナーは終了。
婚活するとき

婚活の意義を教えずただ


羽賀さんからおみやげとして今回のセミナーで解説してくれたことがまとめてある婚活コーチングマニュアルが手渡された。
「恋愛から結婚に至る7つのステップ」と合わせて返ってからゆっくりと復習をしてみようまだ、今日は時間がある。
そこで私は、篠川さんをお茶に誘ってみた。
子どもを預けているから」
「ありがとう。でも、「そっか、残念だな。
でも私、篠川さんと仲良くなれそうだから。
これからもよろしくね」
「はい。
あ、でも、来週同じ人を気に入っちやったら、ライバルになっちゃいますね」
ここで可愛く笑う篠川さん。