結婚がしっかりした基礎を持っていない限り

夫婦の結果です

夫婦の実践能力は強く
確かにそうだ。
イケメンになれば、もっとモテていたかもしれない。
そんなのは幻想にすぎないんだから「実は、世の中のモテている男性って顔やスタイルじゃないんです。
いかにして、女性の心をつかむコミュニケーションがとれているのか。
そこに尽きます!
これで安心した。
こんな俺でも、なんとかなるってことだよな。
「実際に世の中を見回してみるとお分かりだと思います。
どうしてこんな素敵な女性にあんな男性がってカップルいると思いませんか?
プロポーズの設計をすることです

夫婦との和解に達することができない場合

確かにそうだ。
あの貢次がまさにそれだし。
ってことは、貢次はこの羽賀先生から学んだことを実践したからこそ、結婚はでいきついたのか。
ここから、羽賀先生は、世の中の実例をいくつか紹介してくれた。
それは、ここにいる男性全てに希望と勇気を与えてくれるような話ばかりだった。
男は顔じゃない、スタイルじゃない若さでもない。
いかにして女性の気持ちに寄り添い、女性のことを理解できるか。
そのためには、女性脳と男性脳の違いを理解すること。

 

プロポーズます結婚のためにできる最善のことは

そして、コミュニケーションが全てであるということ。
実践!婚活テクニック
「では今から、心理学を応用した実践テクニックに移りますね。
今回はロールプレイもやりますので二人組になってもらいます。
まずは、手近な方と二人組を組んでください」
俺は、早速、隣にいる男性にお願いしますと頭を下げてみた。
今まで気付かなかったが、隣の男性はちょっとオタクが入っているのがわかる。
なにしろ胸元からチラッと見えるシャツの柄が、アニメの女の子だからなぁ。
ではまず、お互いに、話しやすいと思う体制をつくってください」
羽賀先生の声で、俺はなにげに相手と向かい合うように座ってみた向こうもそれに合わせて座る。
プロポーズの設計をすることです

夫婦が最も難しいときに極端な行動をとらなかったので
では、周りを見回してください」
羽賀先生の言葉通り見回す。
何があるのだろう?
「ここで何かに気づきませんか?
何かって、みんな普通に座っているだけだがだが、一人の男性が手を挙げてこう発言した。
見ると11パターンの座り方があります」
「はい、その通りこうやって見ると真正面で向い合って座っている人と、ハの字で座っている人がいますね」
あ、確かにそうだ。
ではお互いにあえて真正面で向かい合って座ってみましょう俺たちは、真正面で向かい合っているのでそのまま周りの何組かは、椅子を動かして座りなおしている。

 

男性は契約を結ぶ準備ができていたがまず彼は指輪に

では今からお二人で会話をしてもらいます。
まずは、なんでもいいので軽く自己紹介でもして話をしてください。
時間は三分間です。
では、どうぞ」
えっ、いきなり初対面のこいつと話せと言われても..最初は、お互いに牽制しあっている。
このままじゃいかんそう思って、まずは、自分の自己紹介から始めることにした。
「えっと、私は飯塚雄大といいます。
仕事は、建築会社で設計や現場の管理をしています。

夫婦関係が急に回復したというケースもあります


「このときの相手との距離感を覚えておいてください。
では、次に少し向きをずらしてハの字になってみましょう言われる通りハの字に座る。
えっ^なんか違う。
さっきまでちょっと、うざいなって感じていたオタクの相手がなんか話しやすいって感じだ。
うざくない。
「いかがですか^力?
どちらのほうが相手との距離が
縮まったと思います?
これは言われるまでもなく、今のハの字。
これについては、会場のみんなが同意見のようだ。
では婚活パーティーでみなさんは相手の女性とどのように座るといいか、もうお分かりですよね」
なるほど。
座り方一つでこんなにも違うのか。
ごく基本的なことなのだろうが、知っているのと知らないのとではぜんぜん違う。
プロポーズの設計をすることです