愛は偽りの嘘婚活夫婦は最良の選択となります

婚活していい

夫婦は遭遇し夫婦はまだ正式に
「へぇ、俺も同い年の三十二歳ですよ。
出身は?」
「ボクは地元です」
「じゃあ、高校は?」
聞けば進学校の出身俺は工業高校だったから違うけど。
でも、話をさらに進めると、中学校は隣の校区だということがわかった。
「ってことはさあそこ知ってる?
ほら、ばあさんがやってる駄菓子屋..。
「あ、大野屋ですね。
ボクも、あそこはよく行ってましたよ」
「そうそう、大野屋いやぁ、こんなところで、同じ出身の人と会えるなんてびっくりだなぁ」
そう思ったところで、羽賀先生から終了の合図。
夫婦に依頼しました

離婚について

それより先に、相棒の高山さんが手を挙げた。
「はい、こちらの飯塚さんと同じ年令だってところから、話がはずみました。
そこから、隣の中学校区に住んでいてお互いに知っていた駄菓子屋の話で盛り上がったところで時間がきてしまいました」
「なるほど。
同じ年令だってところが、きっかけだったんですね」
「はい、では、そうです」
他のところはどうですか?
羽賀先生は、他に話がはずんだところを聞く。
同じように、二人の共通点が見つかったところがきっかけとなって話がはずんだようだ。
逆に話がはずまなかったところは、共通点など意識していなかった。

 

結婚はお問い合わせです

お互いの自己紹介だけで、終わってしまったという。
「さて、もうお気づきだと思います。
初対面の相手と話をはずませようと思ったら何をきっかけにすればよろしいでしょうか?
そうか、共通点を探せばいいのか。
そんなこと、今まで考えたこともなかった。
確かに思い出せば、相手と共通となる話題があるとよく話せる。
それに、知っている相手でも、共通の話題がないとイマイチ盛り上がらないもんなあ。
それは終わったよりも簡単です指輪は指輪を買うのですか

結婚の研究による
羽賀先生、質問です」
ここで別のグループの男性が、手を挙げて質問を求めた。
「はい、どうぞ」
「相手と共通点がなかなか見つからなかったらどうすればいいですか?
「良い質問ですね。ありがとうございます。
いきなり共通点を探せといっても、そう都合よく見つかるものじゃありませんよね。
こういうときは、今、話題になっていることを持ち出すといいですよ」
「話題になっていること?
「はい、例えば最近のニュースとか流行っているものとか。
でもここで注意点があります。

 

結婚の最後に行く

俺はちょっと考えてみた。
そして一つの答えが浮かんだ。
「そうですね。
俺もそう思いますよって返すかな」
「そしてどう展開します?
ここでもまた悩む。
どう展開すりゃいいんだ..すると、別の人が手を挙げた。
「はい、私だったらここで、こんな日に、ぜひあなたと一緒に散歩してみたいですよなんて言っちゃいますね」
「ナイスアイデアほら、これでもう短い時間でデートに誘えちゃうでしょ。
会話ってこんな感じでいいんですよ」
なるほど。
俺は早速、その会話をメモ。
するとまた、別の人が手を挙げた。
でも、まだそんなに親しくないのに、うまくいきますかね?

結婚を誇りに思いますこ


ニュースなどは難しい経済のこととか暗い事件のことはやめておいてくださいね。
そこからの話題が硬くなったり暗くなったりしちゃいますから。
できれば明るいものがいいですね」
なるほどぉ。
あ、じゃあこんなのでもいいのかな?
俺は思いきって手を挙げてみた。
「じゃあ、例えば今日とても晴れていたら今日は天気がよかったですねそんなのでもいいんですか?
「おっ、それはいいですね。
その後、どんな展開になりそうですか?
「ううん、それに共感してくれると、とても気持ちよかったですねなんて感じで、返してくれるかもしれませんね」
ではそうやって言葉が帰ってきたら、あなたは、飯塚さん、どう言葉をお返ししますか?
恋活と家族生活の柱です