契約を履行することを保証するため請負人は

裁判所によって修正または承認される他の日を意味する

契約は口頭または
かかる契約の満了または終了、または終了/有効期限の援助の完了に続いて、XYZは、お客様のオプションですべての顧客データおよびXYZ所有または管理のそのコピーを返却または破棄することに同意します。お客様は、XYZが返却するために必要な範囲でサービスを実行する義務からXYZを救済し、お客様の所有するデータを消去または破棄し、XYZがサービスを実行できないようにすることができます。追加措置:各締約国は、従業員の代理人または下請け業者に対し、合理的に必要であるか、または第8条に定める各締約国のそれぞれの所有権を完成させるために、1?。プライバシー法:両当事者は、データプライバシー保護国境のデータフローおよびデータ保護(総称してプライバシー法)に関するすべての適用法の目的のために顧客が顧客データの管理者であり、かつそのままであることを認め、同意します。 Statement of Workは、お客様の権利または義務を、そのような目的のために顧客データの所有者および/または管理者として何らかの形で制限または制限します。また、当事者は、XYZが、お客様データのプロセッサーおよび本契約に基づいて提供されるその他のサービスのプロセッサーとして適用されるプライバシー法で定められた特定の責任を負うことを認め、同意します。YXZは、データプロセッサーおよびこれに基づいて提供されるその他のサービスまた、この責任は、本契約および各業務声明の下でXYZによって提供されるサービスの一部として考慮されることに同意する。上記の内容にかかわらず、本契約書および各作業記録書が意図する活動が著しく変更された場合のプライバシー法は、XYZがお客様と協力してプライバシー法を遵守することを継続する。

保証の草案を作成することを自由にするためにこの句を使用します
残存情報:本契約のいかなる条項も、第三者が第三者を独立して創設または開発すること(またはそのために創設または開発したこと)または第三者から取得することを制限または禁止するものではなく、いずれの情報製品のコンセプトが方法論のシステム技術および/アイデアの概念ノウハウテクニックプログラミングルーチンとサブルーチンメソッド論は、情報製品のコンセプトを処理するスキル経験や専門知識(集合的に残存情報)を処理する方法論システムテクニックや他のPartys Confidentialで考察または実装された残存情報を処理する受領側当事者は、受領側当事者(本契約書に別段の定めがある場合を除きます)が、開示されたパートシスソフトウェアまたは機密情報、および/またはその他の目的で、顧客マテリアルまたはXYZマテリアルを該当するものとして使用する本契約に基づく義務の遅れ、上記(ただし、本契約書に明記されている場合を除く)、(i)リバースエンジニアの逆コンパイルを解体したり、他の機密情報および/またはXYZソフトウェアに適用されるカスタマ素材またはXYZマテリアルの再作成を試みたり、お客様のソフトウェア(ii)お客様のマテリアルまたはXYZマテリアルに基づいて、他の機密情報またはXYZソフトウェアまたはカスタマソフトウェアに基づく派生ワークを強化または作成する、または(ⅲ)レンタルリースを使用して、またはXYZマテリアル(該当する場合)その他の機密情報またはXYZソフトウェアまたはカスタマソフトウェア第9条:機密保持、定義:締約国が時折交換する特定の情報は、以下のものを含むがそれに限定されない、本質的に機密および専有である情報を開示する締約国によって検討されることができる。(i)顧客データ(ii)XYZソフトウェア(iv)XYZソフトウェアを含むがこれに限定されない、お客様に使用許諾された、または他の方法で利用可能にされたXYZ独自のソフトウェア(iv)開示当事者が指定するその他の情報受領当事国に本契約の条項を提供すること(vi) (vii)その他合理的な事業者が機密情報とみなすその他の情報(総称して機密情報)。両当事者は、本件に付随する相互非開示契約の条項(該当する場合)。除外事項:機密情報の義務は、(i)公的に利用可能であるか、将来制限を受けることなく将来的になるか、(ii)第三者から第三者から正当に受領され、機密保持義務を伴わないもの(iv)受領当事者によって独自に開発されたもの、または(5)開示当事者による制限なしに公開または開示のために書面で承認されたもの。限定権利放棄:第9条の条項は、いずれかの締約国による機密情報の開示を、(i)裁判所または米国の他の政府機関またはその政治的細分の有効な命令に応じて、または(ii)法律により要求される場合。ただし、開示が求められている締約国は、その請求の開示を締約国に書面で通知し、そのような目的に必要な範囲で開示を制限する。プロジェクトエグゼクティブ:適用される各サービス開始日以前に、そしてその後、期間顧客の間で(§。(Key XYZ Positions)XYZはそれぞれ、プロジェクト執行役(プロジェクトエグゼクティブ)。

収入印紙は担保債務の支払いを構成してはならない

Partysプロジェクトエグゼクティブは、当該締約国の主要な連絡先として、該当する申請書に関連するすべての事項に関して行動する権限を有する。各締約国は、それぞれのプロジェクト・エグゼクティブが、当該プロジェクト・エグゼクティブがそのような発言および本契約に関する迅速な決定を下すのに必要な権限を有することを確保する。執行委員会:適用可能なサービス開始日の前またはそれ以前に、締約国は、スケジュール(適用可能な場合)添付書類(ガバナンス適用可能)に記載されている合同委員会(執行委員会)を構成し、会議の議事録を顧客の別の上級管理職に委任することができる)。会合:期間中、少なくとも締約国はこれらの会合を開催し、スケジュール(適用可能な場合)の添付書類(ガバナンスに適用される場合)。契約変更管理(a)期間中の時々、顧客またはXYZは、本サービスまたは本契約のその他の側面の変更または追加を提案することがあります。

契約に基づく義務を違反した場合このような変更は、本第10条に規定された手続に従って実施される。(b)お客様が本サービスまたは本契約のその他の側面を変更または提案することを希望する場合、顧客プロジェクト・エグゼクティブ(または顧客ProjectExecutiveによって書面で許可された者)は、XYZプロジェクト・エグゼクティブに対し、XYZは、XYZ費用を準備し、顧客プロジェクト担当者に以下を示す文書を提出することにより、合理的に可能な限り速やかにその提案に応えます。(i)請求についての請求の影響およびその影響の計算方法。 (ii)サービスレベルおよびそれに対する必要な改訂に関する提案の効果(iii)提案を実施するための予定された時間スケジュール。 (iv)提案書に要求されたその他の情報、または顧客が提案(変更管理文書)に関する情報に基づく決定を下すために必然的に必要な情報(c)XYZが、サービスの変更または追加、または(d)本サービスまたはその他のサービスの変更または追加はありません。お客様は、本契約書の条項に従って、本契約の一面は、各Partysの代理人の書面による承認なしに有効となります。お客様がカスタマー・コントロール・エグゼクティブの書面による承認を得て変更管理文書に記載されたオファーを受け入れることを選択した場合、ChangeControl文書に記載されているサービスの変更または追加は、文書は、本契約を修正したものとみなされ、両当事者は、変更管理文書を反映するために必要な本契約の追加の変更に同意する。下請け:XYZは通常提供されるサービスの一部を委託することができますが、サービスXYZの重要な構成要素を外注する前に、提案された下請けの顧客に通知し、かかる下請けの事前の書面による承認を得る。お客様は、そのような下請け業者に対する不合理な承認を保留することはありません。前述のXYZにもかかわらず、お客様のサードパーティーの書面による同意なしに、第三者に委託することはできません。

法的効力がないことを意味します契約とは

マンション管理業協会の資格で修繕委員会の運営方法がすべてわかるサイトを開設したところ。

契約に基づく補正または追加または通知は有効ではない

資源産出国の場合は国際的な大資本いわゆる循環型社会形成推進基本法では資源化促進法第十四条第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。

      保証する責任がある
      賠償責任から当社の財産を
      契約で使用され